夏のアルガンオイルスキンケア<乾燥と紫外線>

夏のアルガンオイルスキンケア<乾燥と紫外線>

夏のアルガンオイルスキンケア<乾燥と紫外線>

夏のアルガンオイルスキンケア<乾燥と紫外線>

夏こそ、アルガンオイル。

紫外線による、老化をケアしましょう!!

 

何度もこのコラムで、「夏こそ、アルガンオイルを使って欲しい!」

という内容を書きましたが、もっとたくさんの人に、知ってもらいたいと思い、

なぜ“夏こそアルガンオイルがいいのか”をまとめてみました。

 

実際のところ、日焼け止めを塗っても、日焼けはしてしまうもの。

紫外線を避けようと思っても、必ず浴びてしまうものです。

予防も大切ですが、肌とはこれからずっと付き合っていくものです。

これからをきちんとケアしていくことが、肌を美しく保つ秘訣になります。

このコラムでは、夏の肌の状態や、老化の原因。

夏のスキンケア・お手入れ方法を紹介しています。

また、アルガンオイルの美容成分をきちんと把握してもらうことで、

効果の高い、夏のスキンケアをしてもらうことができるようになっています。

 

~ 目次 ~

 

■夏の肌の特徴(紫外線と温度)

■夏のお手入れ、スキンケア方法

■アルガンオイルの美容成分

■Aniaアルガンオイルとは?

 

■夏の肌の特徴(紫外線と温度)

 

夏は汗ばみ、乾燥とは無縁のように思いがちですが、意外にも肌は乾燥しています。

汗をかいて、不快な状態で冷房が効いている部屋に入ると、

汗がすーっとひいて、汗ばんだシャツも乾くのを経験したことがあると思います。

また、夜寝る時冷房を付けて寝ると、喉が乾燥して痛くなることもあると思います。

冷房は快適ですが、湿度も下がり、それだけ室内は乾燥していることを理解することが必要です。

さらに日中、外に出ると紫外線を浴びます。

日常の生活の中でも、肌が火照り、肌の中の水分が蒸発して乾燥を引き起こします。

 

紫外線量は、この25年じわじわ増加する傾向にあり、

気温も35度を超える猛暑日が続いているのも、乾燥の原因になります。

 

紫外線と気温によって、喉が渇くように、肌も水分を欲しています。

 

夏こそアルガンオイル!日焼け肌への使い方

 

 

■夏のお手入れ、スキンケア方法

 

冬場の乾燥と違って、夏場の乾燥は気づきづらいです。

そして汗や皮脂がきになるため、しっかりと保湿をしない傾向があります。

洗顔の回数が増えたり、強い洗顔料を使ったりすると、

なおさら保湿をしっかりする必要があります。

 

冬場は

「アルガンオイル + 化粧水 + アルガンオイル」

をお勧めしていましたが、

 

夏場は

「アルガンオイル + 化粧水 + 化粧水…」

と化粧水を何度が付けて、水分を肌にしっかり与えましょう。

 

最初にアルガンオイルを使う理由は、

アルガンオイルは皮脂の成分と良く似ており、肌への浸透がよいオイルだからです。

そのため、アルガンオイルを先に使うことで、ブースター効果で、

化粧水も肌に浸透させる効果が高まるためです。

 

できたら朝から、

「アルガンオイル + パック」

でしっかりと保湿してあげることで、肌がふっくらもっちりします。

 

夜も毎日、

「アルガンオイル + パック」

をすることで、紫外線を受けた肌のダメージを軽減することができます。

 

夏場にオイルはべた付くイメージがありますが、

良質のアルガンオイルは肌にすーっと溶け込みます。

適量を付けて頂ければ、夏場もべた付くことなく、化粧前のお手入れにも使って頂けます。

 

アルガンオイルの効果的な使い方 ~顔~

「万能ブースター」アルガンオイルの効果的な使い方

Ania アルガンオイル- 美容オイル -

内容量 50 mL
成分 アルガニアスピノサ核油
原産国 モロッコ
商品価格 ¥4,950 (税込)

USDA ECOCERT認証

Ania Professional- 美容オイル -

内容量 250 mL<大容量>
成分 アルガニアスピノサ核油
原産国 モロッコ
商品価格 ¥15,950 (税込)

USDA ECOCERT認証

 

■アルガンオイルの美容成分

 

アルガンオイルは、エイジングケアに最適と言われていますが、

どんな美容成分が含まれているのでしょう。

1:ビタミンE

2:リノール酸

3:オレイン酸

この3点が主な美容成分となります。

それぞれどんな役目があるのか見ていきましょう。

 

 

1:ビタミンE(トコフェノール)

 

強力な抗酸化作用があり、代謝を高める効果があります。

カットしたリンゴをそのまま置いておくと、黄色くなっていきますが、

それは空気と触れて酸化することが原因です。

 

肌も紫外線を浴びると、活性酸素が発生し、細胞を酸化させ、“シワ”の原因になります。

また代謝が遅くなり、“しみ”が肌に残ってしまします。

 

ビタミンEを肌に与えることで、発生した活性酸素を抑えてくれます。

活性酸素が抑えられると代謝も良好になり、“しみ”の元を排出します。

 

夏場はケアをしても紫外線を肌に浴びてしまいます。

そのため、毎日、ビタミンEを肌に与えることで、肌のダメージを軽減することができます。

アルガンオイルは美容オイルの中でも、ダントツ多くビタミンEを含んでおり、

オリーブオイルの3倍とも言われております。

 

 

2:リノール酸

 

保湿力を高める効果があります。

このリノール酸もアルガンオイルは他のオイルよりも多く含まれており、

それゆえに「アルガンオイル=保湿」というイメージがあります。

実際、保湿効果は使っていただいた方ならすぐにわかることです。

ここでお伝えしたいのは、保湿だけでなく、肌を柔らかくする効果、抗炎症作用もあります。

日焼けした肌は、炎症をおこしていますので、

モロッコでは日焼け後のケア、やけどにアルガンオイルが使われています。

 

 

3:オレイン酸

 

皮脂の40%はオレイン酸で、そのためアルガンオイルは肌馴染みが良いオイルとなっています。

肌の表面に膜をつくるタイプのオイルもありますが、

アルガンオイルは肌にすーっと溶け込みます。

オレイン酸も抗酸化力が高いため、活性酸素を抑え、“シワ”や“しみ”のケアに適しています。

 

アルガンオイルを1ヵ月使う。その効果は?

 

 

■Aniaアルガンオイルとは?

 

「Aniaアルガンオイル」は、とれたてオイルであることがウリです。

アルガンオイルは劣化しにくいオイルですが、

それでも空気に触れてから少しづつ酸化していきます。

「Aniaアルガンオイル」はオイルを絞って、集めてボトリングするのでなく、

搾ってそのままボトリングそして、日本に送っています。

 

「Aniaアルガンオイル」は、エッサウィラ郊外、モロッコの有名産地の中の、

アルガンツリーまで指定し、原料選定しています。

高品質のオイルを求めて歩いた結果、このオイルに行きつきました。

生きた美容成分を手に入れるために、種を採る前からきちんと管理されています。

「Aniaアルガンオイル」は、最高峰のオーガニックアルガンオイル、自慢の一品です。

 

なぜ今、オーガニックが注目されているのか?

私たちが、オーガニックアルガンオイルを勧める理由。

【決定版】失敗しないアルガンオイルの選び方!

 

 

 

Aniaアルガンオイルは「Amazon」「楽天市場」からも購入できます。

「Aniaアルガンオイル」で検索してください。

 

 

<よく読まれている記事>

30代にアルガンオイル効果を<シミのケア>

40代の印象は、小じわケアで変えることができる!

「くすみ」の正体とは?効果的なスキンケアとは?

 

 

またサロンの方で施術、店販でご検討の方はこちらからお問合せ下さい↓

<サロン様向け>無料サンプルキャンペーン

Page Top