ボディクリームを塗っても、乾燥してしまう方へ

アルガンオイルで乾燥に負けない素肌づくり ~ボディ編~

ボディクリームを塗っても、乾燥してしまう方へ

アルガンオイルで乾燥に負けない素肌づくり ~ボディ編~

乾燥に負けない素肌づくり ~ボディ編~

 

11月に入り、暖かな日差しの日もありますが、

空気は乾燥し、冬の乾いた風を肌に感じるようになりました。

今年は少し湿度が高めですが、それでも30%台は普通にあります。

 

肌には湿度約60%が最適と言われているので、

30%台の空気が乾燥している日は、乾燥肌にはつらいものです。

 

乾燥が老化の原因の一つということは周知の通りで、

シワ、たるみ、くすみ…へとつながっていきます。

それは顏だけでなく、ボディーも同様で、老化の原因となります。

首や手だけでも年齢が分かるほど、ボディの老化も大きな悩みです。

またボディの乾燥は、痒みを伴い、

掻くことで肌に傷がついて、痕が残ってしまいます。

 

このように、乾燥肌の悩みは、肌の老化から、かゆみなどの不快感、

そして、次の季節へと引き継がれるようになります。

 

ボディクリーム塗ってるよ!

すこし立ち止まって見直してください。

肌の仕組みと、年齢との関係。

乾燥肌の悩みの原因とそのケアの方法をお伝えしています。

 

 

~ 目次 ~

■ボディの乾燥の原因

■乾燥肌のボディケア

■入浴時の肌の保護

■お勧めの美容オイル

■「Aniaアルガンオイル」

 

アルガンオイルバナー

 

■ボディの乾燥の原因

 

ボディの乾燥は皮脂量の低下、水分の低下が原因です。

皮膚は薄い皮脂膜で覆われ、保護されています。

乾燥肌は、この皮脂膜がなんらかの問題で壊れ、

皮膚内部の水分が蒸発しやすい状態になっています。

すねや背中から粉をふくほど乾燥している場合は、

皮脂量が低下しており、

それによって水分が保持できない状況だということです。

 

皮脂の分泌量は、年齢によっておおきく変化します。

50代で20代の半分くらいまで減ってしまう、

ということがわかっています。

年齢を経るほどに、乾燥肌がひどくなるという声が出るのは

このことが大きくかかわってくると考えられます。

そのため外気が乾燥するこの時期は、

皮脂による保護膜がなくなると水分が肌細胞から抜け放題となり、

乾燥肌がさらに乾燥していきます。

 

乾燥肌ケアボディ編

<モロッコも冬場は、真っ青な空にカラカラの空気です>

皮脂のケアはエイジングケアの基本。

 

 

■乾燥肌のボディケア

 

ではどのようなお手入れをしていますか?

お風呂上りにすぐ、ボディークリームを塗っていませんか?

 

ボディ―クリームは「オイル」と「化粧水」を乳化させたものです。

伸びもよく使いやすいですが、

重ためのクリームは肌に浸透しづらく、

水分を中まで浸透させるのは難しいです。

表面のケアには適していますが、

衣類で擦れてすぐに落ちてしまいます。

ボディーも顏と同様、肌に油分、

水分を蓄え、維持できることが大切です。

 

皮脂の分泌量が減少したのが、乾燥肌の原因なら、

肌の表面だけでなく、皮脂が関係するところ全てをケアしないと、

乾燥肌の解決になりません。

皮脂が皮脂の機能を保ち続けることが、本当の健康肌を作り、

乾燥肌の改善の一歩と考えます。

 

ボディークリームでは乾燥が改善しない方は、

「美容オイル」+「化粧水」でお手入れがお勧めです。

シンプルに足りなくなった皮脂量を「美容オイル」で補い、

蒸発した水分を「化粧水」で補充。

そしてその後、クリームで潤いを閉じ込めて下さい。

「化粧水」は水分補給が目的なので、

たくさん使えるものでかまいません。

とにかくたくさん水分を与えることが大切です。

もちろん、「美容オイル」は肌に浸透しやすいものを選んでください。

 

保湿保湿保湿!驚きのアルガンオイル美容

 

 

■入浴時の肌の保護

 

肌が乾燥している状態で湯船に入ると、さらに水分が蒸発して、

痒みをともなうほどの乾燥を引き起こします。

掻いてしまうと痒みも増し、さらに悪化し傷痕も残ってしまいます。

 

そうならないためにもお風呂に入る前に、

オイルをつけて肌を保護してあげて下さい。

 

お風呂の皮脂汚れということを聞いたことあるかと思いますが、

湯船につかることで皮脂が流れてしまいます。

年齢を重ねただでさえ不足している皮脂が流れてしまうことで、

さらに乾燥は悪化してしまいます。

足りてない皮脂を補ってから入ることで、

水分の蒸発を防ぐこともでき、乾燥から肌を守れます。

 

最近では、お風呂上がりの水滴を拭く前に、

オイルで肌の調子を整える方も増えてきました。

ボディに使うリンスのようなものですね。

そちらも原理は一緒です。

水分を保持、保水して乾燥を防ぐ試みになります。

 

ここでは、湯船に入る際の肌への刺激を考えて、

自分にあった方法をためしてみてください。

 

カサカサ肌にアルガンオイルを!(ボディクリームとしての使い方)

カサカサ肌にアルガンオイルを!(ボディクリームとしての使い方)

 

Ania アルガンオイル- 美容オイル -

内容量 50 mL
成分 アルガニアスピノサ核油
原産国 モロッコ
商品価格 ¥4,950 (税込)

USDA ECOCERT認証

Ania Professional- 美容オイル -

内容量 250 mL<大容量>
成分 アルガニアスピノサ核油
原産国 モロッコ
商品価格 ¥15,950 (税込)

USDA ECOCERT認証

 

 

■お勧めの美容オイル

 

様々な美容オイルが出回っていますが、

保湿には断然「アルガンオイル」がお勧めです。

その理由は

 

1:保湿成分「リノール酸」が豊富

オリーブオイルの3倍とも言われ、

他のオイルと比べても抜きんでて保湿成分が豊富です。

 

2:皮脂と同じ成分「オレイン酸」が豊富

人の皮脂は約40%のオレイン酸を含んでいますが、

アルガンオイルは約45%含んでおり、肌馴染みが非常に良いです。

含有量が多すぎるとべた付いたりしますが、

アルガンオイルは適量で、

肌にすっと馴染むため顏から足先まで全身に使いやすいです。

 

3:「ビタミンE」が豊富で抗酸化力がある

「ビタミンE」は年齢によって衰えた抗酸化力を助け

“活性酸素”を抑える効果があります。

“活性酸素”は肌に潤いを与えるコラーゲンまでも攻撃してしまします。

“活性酸素”を抑えることで、ハリ、潤いを保つことができます。

 

アルガンオイルはモロッコにあるアルガンツリーから搾取されるオイルで、

世界中の美容マニア達を虜にしてきました。

夏場は50℃まで上がる乾燥地帯で、

約200年生きると言われているアルガンツリーには、強力な保湿力があります。

顔だけでなく、全身に付けることで乾燥肌を改善できます。

 

オーガニックアルガンオイルに人気の秘密

<アルガンツリーには、ヤギが木に登ってその実を食べます>

アルガンオイルの成分・効果効能

 

 

■「Aniaアルガンオイル」

 

「Aniaアルガンオイル」の特徴は、

とにかく新鮮!!であることです。

モロッコにて搾りたてのアルガンオイルを

ボトルに封入し、日本に輸入しています。

新鮮にこだわるのは、付け心地の滑らかさと、

生きた保湿成分「リノール酸」が豊富であるためです。

ビタミンEも豊富に含まれています。

 

新鮮なオイルはべた付かず、

すーっと肌に溶け込むように馴染み保湿効果を高めてくれます。

 

また「Aniaアルガンオイル」は100%オーガニックで

USDA、Ecocert認証のアルガンオイルです。

 

乾燥肌、敏感肌の方から

赤ちゃんの柔らかい肌まで、安全にお使い頂けます。

美容オイルには珍しく250mLの大容量があり、

ポンプ式で全身のケアにも使用しやすいです。

 

1ヵ月効果的にアルガンオイルを使う

100%オーガニック「Aniaアルガンオイル」の特徴

 

 

 

アルガンオイルの使用感

Amazonでのレビューはこちら

STORESでのレビューはこちら

 

Aniaアルガンオイルは「Amazon」からも購入できます。

 

またサロンの方で施術、店販でご検討の方はこちらからお問合せ下さい↓

<サロン様向け>無料サンプルキャンペーン

 

<おすすめの記事>

オーガニックなのに効果抜群!Aniaアルガンオイルの紹介動画!

私の体験談:「アルガンオイルでシミのケア」

 

 

アルガンオイルを使って一ヵ月後の変化とは?

アルガンオイルを使ってみた【1か月後の肌の変化とは?】

 

 

アルガンオイルの効果的な使い方~顔~

アルガンオイルの効果的な使い方 ~顔~

 

 

梅雨の時期のスキンケア

「万能ブースター」アルガンオイルの効果的な使い方

 

 

アルガンオイルができるまで

 

 

 

Page Top