日焼けにアルガンオイル

夏の日焼け肌にアルガンオイル

日焼けにアルガンオイル

夏の日焼け肌にアルガンオイル

■アルガンオイルは日焼け後の肌をいたわります

日焼け後のケアに関しては、とても効果の高いのがアルガンオイル。天然のオレイン酸の持つ保湿効果で、日焼けで傷んだ肌に水分をとどめます。さらに天然のビタミンEがお肌のターンオーバーを促し、日焼け後に怖いシミの原因となるメラニンを排出する効果が期待できます。最近の研究では、メラニンの発生を抑制する働きもあると報告されています。

アルガンオイルは、日焼けで傷つき保湿できなくなった肌に、水分をとどめ、さらに新陳代謝を促します。これに、メラニンの抑制となれば、日焼けしたあとになじませるのは、必須といえます。砂漠の国モロッコで、愛用されているのは当然のことですね。

アルガンオイルの効果的な使い方~顔~

フェイスオイルでエイジングケア【アルガンオイルの使い方】

<日焼け後:アルガンオイルの使い方>

日焼け後には皮膚に水分が必要です。夜のお手入れに、大量の化粧水を含ませたパックをされているでしょう。そのパックをする前に、アルガンオイル100円玉大を手に取り、肌にやさしくなじませてください。以上とても簡単です。

 

■日焼け肌へのアルガンオイルの効果

1:まずは肌細胞での水分を保持し、日焼けで水分が保てなくなった肌を保湿します。

2:使い続けると、肌のターンオーバーを促し、日焼けが原因の肌のシミを軽減する助けになります。

梅雨の時期のスキンケア

「万能ブースター」で健康的な肌に!【アルガンオイルの使い方】

■注意:サンオイルではありません

「アルガンオイルをつけていると、こんがり日焼けするのでしょうか?」という質問を受けることがあります。おそらく、海水浴などで使うサンオイルと混同されていらっしゃるのでしょう。オイルはオイルでも、アルガンオイルは日焼け促進の効果はあまりないようです。

 

■注意:日焼け止めでもありません

アルガンオイルに成分として含まれるオレイン酸は、紫外線から肌を守る効果があります。だからといって、日焼け止めとして使えるわけではありません。日本で皆様が使っているSPF40~50といった効果はありませんので、日焼け止め効果はあまりないと考えます。

Ania アルガンオイル- 美容オイル -

内容量 50 mL
成分 アルガニアスピノサ核油
原産国 モロッコ
商品価格 ¥4,950 (税込)

USDA ECOCERT認証

Ania Professional- 美容オイル -

内容量 250 mL<大容量>
成分 アルガニアスピノサ核油
原産国 モロッコ
商品価格 ¥15,950 (税込)

USDA ECOCERT認証

日焼けには、「Aniaアルガンオイル」

空気が乾燥した冬のお手入れと、日焼け後のダメージを受けた、夏の素肌のお手入れは同じです。アルガンオイルは保湿をすることによって、健康な肌に導きます。これは肌に直接アルガンオイルが働きかけ、肌自体をを活性化するアルガンオイルの特性です。オイルは冬つかうものとばかりに、日本では乾燥の季節にアルガンオイルを使用していますが、夏の紫外線を浴びた後のダメージ肌にも、アルガンオイルが有効だと考えています。

 

 

Aniaアルガンオイルは「STORES」から購入できます。

【はじめはブースターとして。】
モロッコで搾取した美容成分たっぷりのアルガンオイルです。
洗顔後に肌になじませると、水分を包み込んで保湿します。

 

 

【大容量で全身に。】

たっぷりのアルガンオイルを全身に!
お風呂上がりにボディオイルとして、贅沢にお使いください。

 

 

【保湿力がさらにアップ!】

保湿の王様シアバターとアルガンオイルの自然由来クリームです。
ナイトクリームとしておすすめしています。(オレンジの香り)

 

Aniaアルガンオイルは「楽天」からも購入できます。

 

サロンの方で施術、店販でご検討の方はこちらからお問合せ下さい↓

 

Page Top