【アルガンオイルとは】保湿とエイジングケアに

【アルガンオイルとは】保湿とエイジングケアに効果的

【アルガンオイルとは】保湿とエイジングケアに

アルガンオイルとはの画像

肌は加齢とともに少しずつ衰えていきます。肌の保水力が低下してシワやシミが気になりだし、毛穴が目立ってくるなど、肌はわかりやすく年齢を感じさせるようになります。髪の毛も歳を重ねると、若いときのツヤツヤしたハリのある髪は、パサパサとした不揃いの髪になっていきます。

様々な美容オイルがあるなかで、アルガンオイルは肌の乾燥やエイジングケアにとても良い効果を発揮する万能オイルと言われています。ここでは、そんなアルガンオイルを使うことでどのような効能が期待できるのかを詳しく紹介していきます。

 

~ 目次 ~

■アルガンオイルとは

■アルガンオイルに含まれる成分と効能

 効能1:うるおい豊かな肌になる(保湿)
>>> 肌の保湿:「オレイン酸」
>>> 肌を柔らかくする:「リノール酸」

 効能2:ハリのある若々しい肌に導く(エイジングケア)
>>> 肌細胞の活性化:「ビタミンE」(トコフェロール)
>>> 健康的な肌になる:「必須脂肪酸」(リノール酸、リノレン酸)
>>> シワの改善:「ステロール」

 効能3:肌の修復・日焼けのケア
>>> 肌のターンオーバー:「ビタミンE」(トコフェロール)
>>> 肌の修復:「不飽和脂肪酸」(オレイン酸、リノール酸)

■アルガンオイルの使い方

 使い方1:朝晩のフェイスケア(ブースター)として
 使い方2:スペシャルスキンケアとして
 使い方3:ボディケアとして
 使い方4:ヘアケアとして

 

■アルガンオイルとは

アルガンオイルは、北アフリカ・モロッコ王国でしか採取されない貴重なオイルです。その元となるアルガンツリーは、ほとんど雨の降らないモロッコ南西部の乾燥地帯で、少ない水分を大事に貯め込むことで生命を繋いでいます。このような過酷な環境で生き抜くアルガンツリーは、現地では「生命の木」と言われ、そのオイルは食用だけでなくスキンケアにも使われてきました。また、約30キロの果実から1リットルほどしか搾油できず、硬い殻を割るのにも手間がかかるため、とても希少なオイルとして人気があります。

アルガンオイルが保湿力に優れ、肌の活性化を促す働きがあるのは昔から知られており、古くはクレオパトラが愛用したとされています。現在ではアメリカ・ヨーロッパをはじめ世界中に輸出され、肌の保湿やエイジングケアに優れたスキンケアアイテムとして愛されています。

アルガンオイルは、種子の中の仁を圧搾してとりだした粗油を濾過や精製することで、スキンケアに用いられます。食用のものは、仁をローストをして抽出したものが、香りもよく一般に使われています。

アルガンオイルができるまで

 

■アルガンオイルに含まれる成分と効能

アルガンオイルの人気の理由は、天然の美容成分がとても多く含まれているからです。それらを肌や髪に取り入れることによって、肌本来の美しさを取り戻すことに繋がります。また、アルガンオイルは美容成分を多く含むため、期待できる効能も多くあります。ここではそれらの美容成分が肌にどのような効果をもたらすのかご紹介していきます。

 

 効能1:うるおい豊かな肌になる(保湿)

アルガンオイルはなじみがよく、肌や髪にスーッと浸透していきます。アルガンオイルの成分はヒトの皮脂の成分とよくにているため、皮脂と一緒に肌のバリアとなり、肌表面からの水分の蒸発を防ぎます。また、アルガンオイルは肌によくなじむので、内部にまで美容成分を届けて作用することができるのが特徴のひとつです。

 

肌の保湿:「オレイン酸」
アルガンオイルの主成分である「オレイン酸」は肌の水分と油分のバランスを整え、うるおいをキープする働きがあります。皮脂の主成分でもあるため、加齢による皮脂不足を補う際には必須な成分です。

肌を柔らかくする:「リノール酸」
「リノール酸」は細胞間脂質になじみ、角質からの水分の蒸発を防ぎます。保湿された肌細胞は弾力が生まれることで柔らかくなります。また、メラニンの生成を抑える働きもあるため、美白効果も期待できます。

アルガンオイル効果保湿のバナー

【アルガンオイル効果】保湿力でうるおい肌に

 

 効能2:ハリのある若々しい肌に導く(エイジングケア)

アルガンオイルは肌の活性化を促す効能が期待できます。年齢を重ねると肌細胞の働きも弱くなり、外部の刺激から肌を守るバリア機能も、老廃物を体外に出す機能も、水分を肌に保つ機能も衰えていきます。アルガンオイルはそれら肌が本来持つ機能をサポートし、健康的な肌と導きます。多くのエイジングケア成分を含むのですが、ここでは「若返りのビタミン」と言われるビタミンE(トコフェロール)、必須脂肪酸(リノール酸、リノレン酸)、ステロールをご紹介します。

 

肌細胞の活性化:「ビタミンE」(トコフェロール)
アルガンオイルには、強い抗酸化作用のある「ビタミンE」(トコフェロール)はオリーブオイルの3倍以上含まれており、皮膚のダメージの原因となる活性酸素を除去します。さらに年齢を重ねると、過酸化脂質が増加することで肌老化の原因となりますが、「ビタミンE」はこの過酸化脂質を抑制することが期待できます。

健康的な肌へ:「必須脂肪酸」(リノール酸、リノレン酸)
必須脂肪酸は血流を良くする働きがあり、肌を若々しく保つのに必要ですが、体内で合成することができません。外部から摂取する必要があります。アルガンオイルはこの「必須脂肪酸」を主成分として含んでいます。血流が良くなった細胞は働き始め、肌の様々な生理作用を発揮するようになります。老廃物を排出できるようになると、くすんだ肌が明るくなります。また、体内で「必須脂肪酸」が足りなくなると、皮膚炎が起こりやすくなる研究もあります。

シワの改善:「ステロール」
植物性ステロールを多く含むのは、アルガンオイルの特徴です。「ステロール」は肌になじませると保水・浸透する働きがあります。紫外線による乾燥などでできたしわは、保水することで肌のハリがよみがえり、しわを目立たなくすることができます。

アルガンオイル効果抗酸化作用のバナー

【アルガンオイル効果】ビタミンEの抗酸化作用

 

 効能3:肌の修復・日焼けのケア

肌細胞が生まれて、剥がれ落ちていくまで約28日かかると言われています(ターンオーバー)。年齢が増えるに従ってこの期間は延び、新しい細胞の入れ替わりが遅くなります。そうなると、紫外線などで肌の内部に発生したメラニンを体外に排出するのが遅くなり、シミやくすみの原因となってしまいます。アルガンオイルはターンオーバーを正常にな状態に促す働きがあります。また、モロッコでは昔から日焼けだけではなく、一般のやけどや肌荒れ、切り傷などにもアルガンオイルを塗ることがあります。

 

肌のターンオーバー:「ビタミンE」(トコフェロール)

「ビタミンE」は肌荒れに効果的と言われます。理由は肌の細胞を作り出す材料のひとつとなっていることです。これにより、肌細胞のターンオーバーが正常化し、肌のバリア機能を高めてくれます。日焼けは、紫外線によって過剰に発生したメラニンによって起こります。「ビタミンE」は肌のターンオーバーを促進することで、メラニンなどの老廃物を排出していきます。

アルガンオイル効果肌が生まれ変わるバナー

【アルガンオイル効果】肌が生まれ変わる

 

肌の修復:「不飽和脂肪酸」(オレイン酸、リノール酸)

「不飽和脂肪酸」は肌の修復に効果が期待できます。アルガンオイルの主成分である、オレイン酸は傷の治癒を促し、リノール酸は高い抗炎症作用をもちます。それで、アルガンオイルにも傷や肌荒れを治癒することが期待できるのです。日焼けは肌のやけどで、ダメージを受けた肌細胞の内外で乾燥してしまいます。それが原因で、肌の乾燥じわとなってしまうこともあるため、保湿をしながら肌の修復が期待できる「不飽和脂肪酸」は、とても重要なものと言えます。

アルガンオイル効果日焼け後のバナー

【アルガンオイル効果】日焼け後の肌ケア

Ania アルガンオイル- 美容オイル -

内容量 50 mL
成分 アルガニアスピノサ核油
原産国 モロッコ
商品価格 ¥4,950 (税込)

USDA ECOCERT認証

Ania Professional- 美容オイル -

内容量 250 mL<大容量>
成分 アルガニアスピノサ核油
原産国 モロッコ
商品価格 ¥15,950 (税込)

USDA ECOCERT認証

■アルガンオイルの使い方

使い方1:朝晩のフェイスケア(ブースター)として

ブースターとは化粧水前に肌になじませることで肌を整え、その後に使う化粧水や美容液のうるおいを肌にとどめる導入化粧品です。アルガンオイルは皮脂が不足しがちな洗顔後に、化粧水を肌に抱き込む準備をするので、化粧水が肌にどんどん浸透します。また、うるおいを閉じ込める働きもあるので、保湿した状態が長く続きます。

洗顔後の素肌にブースターとしてアルガンオイルをなじませます。オイルがスーッとなじんでいき、その後に使う化粧水のうるおいをしっかりと抱え込みます。スポイトで2〜3滴ほどが適量ですが、皮脂の足りない部分に重点的になじませるのをおすすめします。

 

使い方2:スペシャルスキンケアとして

湯船に浸かって500円玉くらいのアルガンオイルを手に取り、顔全体になじませるようにしながら優しくマッサージをしていきます。自宅でできるホームエステになります。毛穴の角栓などもゆっくり溶かすので、黒ずみなどで気になるところを、重点的にマッサージしてみてください。毛穴の黒ずみ用の毛穴パックでは、刺激が強すぎる敏感肌の方にも、マイルドに効果を発揮します。

 

使い方3:ボディケアとして

入浴後に軽く水分をふき取り、肌が乾く前にオイルを直接体全体になじませます。洗顔と同様に、体を洗ったあとの皮脂不足を補うので、なめらかな肌になります。また、お風呂上がりの乳液や、ボディクリームと混ぜて使うこともできます。数滴混ぜると、保湿力がアップし、肌がふっくらもっちりしてきます。

日焼け後の肌にもアルガンオイルは適しています。日焼け肌にも数滴を手に取り直接なじませ、化粧水や乳液を加えてください。肌に水分を抱き込み、紫外線で傷んだ肌をいたわります。

 

使い方4:ヘアケアとして

アルガンオイルはヘアケアとしても使え、シャンプーで不足した油分を補うことができます。手のひらにアルガンオイルを数滴とり、アルガンオイルをなじませてください。ドライヤーの熱から髪を守ることも期待できるので、ツヤとハリのある髪の毛に仕上がります。

抜け毛や白髪が気になる方は、シャンプー前に頭皮マッサージも。肌が柔らかくなり、マッサージで血行が良くなります。毛穴につまった汚れや角栓もゆっくり溶かしていきます。

Aniaアルガンオイルの特徴 

Aniaアルガンオイルの特徴

 

 

Aniaアルガンオイルは「Amazon」から購入できます。

【はじめはブースターとして。】
モロッコで搾取した美容成分たっぷりのアルガンオイルです。
洗顔後に肌になじませると、水分を包み込んで保湿します。

 

 

【大容量で全身に。】

たっぷりのアルガンオイルを全身に!
お風呂上がりにボディオイルとして、贅沢にお使いください。

 

 

【保湿力がさらにアップ!】

保湿の王様シアバターとアルガンオイルの自然由来クリームです。
ナイトクリームとしておすすめしています。(オレンジの香り)

 

Aniaアルガンオイルは「楽天」からも購入できます。

 

サロンの方で施術、店販でご検討の方はこちらからお問合せ下さい↓

 

Page Top