春の肌荒れに注意!【乾燥】【花粉】【紫外線】

春の肌荒れに注意!【乾燥】【花粉】【紫外線】

春の肌荒れに注意!【乾燥】【花粉】【紫外線】

春の肌荒れに注意!【乾燥】【花粉】【紫外線】

【乾燥】【花粉】【紫外線】 肌荒れの季節到来!

 

2月~4月は肌荒れに注意!

とにかく保湿!!『アルガンオイル』が欠かせません。

 

段々と春らしくなる2月中旬~4月にかけて、

気温が上がる分、

乾燥から解放されると思いがちですが、

実は最も肌トラブルを起こしやすい時期なのです。

 

肌トラブルの原因は、

1:乾燥、2:花粉、3:紫外線です。

 

また、冬に化学繊維の下着で、

乾燥を加速させてしまった方、

マスクで、知らない間に摩擦を起こしてしていた方、

体調を崩して免疫機能が弱まっている方。

様々な要因で、肌にトラブルが起こってきます。

 

肌トラブルには様々な要因がありますが、

結局は肌が健康な状態になるよう、

保湿とバリア機能のメンテナンスをする必要があります。

このコラムでは、春の肌トラブルの原因と

スキンケアの方法をご紹介しています。

 

~ 目次 ~

 

■1:乾燥

■2:花粉

■3:紫外線

■保湿の方法

■紫外線ケアにも『アルガンオイル』

■「Aniaアルガンオイル」とは?

 

 

■1:乾燥

 

冬場は空気が冷たく、一日を通して乾燥しています。

しかし2月中旬~4月は気温が上がる分、

大気中の含水率が低下し、

日中は湿度10%台まで下がることも多くあります。

昨年の最小湿度は1、2月は20%でしたが、

3、4月は17%まで下がっていきます。

ここで問題なのは昼と夜の気温差です。

夜の乾燥は緩和されますが、

日中は冬場より肌が乾燥しやすくなるので、

保湿ケアを心がけて下さい。

 

アルガンオイル乾燥

アルガンオイルで乾燥肌を改善しよう。

 

 

■2:花粉

 

東京では2月上旬から花粉が舞い始めました。

花粉も痒みを伴ったり、

赤くなったりと肌トラブルの原因の一つです。

花粉がなぜ肌トラブルを起こしやすいのか…。

それは花粉が肌に付着したり、

体内に取り込まれることで

起こるアレルギー反応がおこることがあるからです。

 

冬場の乾燥で肌が弱まっていると、

花粉が付着することで炎症を起こしやすくなります。

また目がかゆくなり掻いたり、

ティッシュで鼻をかむことによって、

皮膚組織にダメージを与え、

化粧ノリも悪くなってしまいます。

 

肌には水分の蒸発を防ぎ、

刺激物が肌に侵入するのを防ぐバリア機能がありますが、

花粉のいたずらで免疫力が低下した状態では、

肌のバリア機能を弱めてしまうこともあります。

様々な花粉が飛び交う時期は、

油分と水分の保湿が大切です。

 

オーガニックアルガンオイルがもたらす健康肌とは。

春の肌トラブルにもアルガンオイル

 

 

■3:紫外線

 

紫外線も春だから、と甘く見ていてはいけません。

気象庁のUVインデックス指数は、

昨年3月で平均3.7、4月で5.0となっています。

3.0以上は日差しを避けた方がいいと言われており、

3月からすでに紫外線が強くなっているのが分かります。

 

肌トラブルが起こっている上に、

紫外線のダメージを肌が受けると、

肌の奥の細胞が破壊されて老化へとつながっていきます。

この時期から紫外線ケアはしっかり行ってください。

 

ではどのようのスキンケアをしたら良いのでしょうか。

それは「保湿」です。

しっかりと「保湿」すること、これに付きます。

 

Ania アルガンオイル- 美容オイル -

内容量 50 mL
成分 アルガニアスピノサ核油
原産国 モロッコ
商品価格 ¥4,950 (税込)

USDA ECOCERT認証

Ania Professional- 美容オイル -

内容量 250 mL<大容量>
成分 アルガニアスピノサ核油
原産国 モロッコ
商品価格 ¥15,950 (税込)

USDA ECOCERT認証

 

■保湿の方法

 

保湿には断然、『アルガンオイル』がお勧めです。

なぜなら『アルガンオイル』には、

皮脂と同じオレイン酸が豊富なため、

べたつかずに素肌に馴染みます。

 

乾燥や花粉でダメージを受けている肌は、

水分も皮脂も少なくなっています。

水分だけでなく、油分の補給をしっかり行ってください。

 

また『アルガンオイル』にはリノール酸が豊富です。

リノール酸は保湿力が高く、

保湿に必要なセラミドを作る時に必要な成分です。

そのため化粧水を肌に閉じ込め、

潤いを逃さない肌へと変化します。

 

洗顔後に『アルガンオイル』それからたっぷりの化粧水。

これを2~3セット行って下さい。

肌質が変化するには時間がかかりますが、続けることで、

乾燥、花粉に負けない肌へと変化していきます。

 

以下では、顔への使い方として、マッサージの方法をお伝えします。

フェイスケアとして、保湿を実感されたのち、ぜひマッサージを併用してください。

 

アルガンオイルのオイル美容。フェイシャルマッサージ

未来の肌年齢を褒めてもらおう。【オイルマッサージのやり方】

 

 

■紫外線ケアにも『アルガンオイル』

 

紫外線はUV下地を使うだけでなく、

帽子、日傘でケアすることが大切です。

紫外線はシミだけでなく、活性酸素を発生させ、

ハリを保つコラーゲンを分解し減らしてしまうので、

シワやたるみにつながっていきます。

 

『アルガンオイル』にはビタミンEが豊富に含まれており、

活性酸素を抑える働きがあります。

天然のビタミンEを多く含むので、

強い抗酸化作用をすでに持っているのです。

活性酸素は細胞を壊してしまうので、

紫外線を浴びた肌には『アルガンオイル』は効果的です。

 

暖かくなりお出かけ気分になるこの時期は、

メイクも春らしく華やかにキメたいですよね。

そのためには素肌をしっかり保湿してください!

 

春のスキンケアにアルガンオイル ”保湿と紫外線ケア”

春肌の注意点。保湿と紫外線ケア。

 

 

■「Aniaアルガンオイル」とは?

 

アルガンオイルにも沢山の種類があります。

「Aniaアルガンオイル」の特徴は、

とにかく新鮮!!であることです。

モロッコにて搾りたてのアルガンオイルを

ボトルに封入し日本に輸入しています。

 

新鮮にこだわるのは、付け心地の滑らかさと、

生きた保湿成分、美容成分が豊富であるためです。

ビタミンEも豊富に含まれています。

 

新鮮なオイルはべた付かず、

すーっと肌に溶け込むように馴染み、

保湿を高めてくれます。

乾燥肌を改善するのは1日2日では難しいですが、

まずは1カ月使ってみて下さい。

 

アルガンオイルを1ヵ月使ってみた。美容効果は?

 

 

 

シアバターの保湿×アルガンオイルのエイジングケア

最強のナチュラルクリーム、新発売!

<よく読まれている記事>

「万能ブースター」アルガンオイルの使い方

アルガンオイルの効果的な使い方 ~顔~

アルガンオイルは、必ず化粧水とセットで使う。

 

 

またサロンの方で施術、店販でご検討の方はこちらからお問合せ下さい↓

<サロン様向け>無料サンプルキャンペーン

Page Top